1回のご注文が10,000円以上で送料無料になります。

うまくシーシャ吸えないそんなお困りの方へ

シーシャがちゃんと吸えてない気がする!煙が全然出ない!シーシャが美味しく吸えない!どうすれば美味しいシーシャを吸えるの?
シーシャを初めて作る時は分からない事が多いです。シーシャ始められる際、簡単に問題解決できるシーシャチェックリストをご用意いたしました!

 

シーシャを作る時にチェックして欲しい3つのポイント!



【シーシャを吸った感触が重たい!詰まった感じがする時にここをチェック!】

シーシャはシーシャボウルからホースまで『一本の管』のように繋がっています。従って、その空気の通り道を何かで塞いだり、反対にしっかりと締まっておらず、空気の逃げ道を作ってしまうとシーシャパイプが正常に機能しません。

□ボウルに貼ったアルミホイルにしっかり穴が空いていますか?空け過ぎもご注意!
□ボウルに貼ったアルミホイルがたるんでいませんか?アルミホイルがたるんでいると炭の重みでボウル内部の空 気穴が塞がってしまいます!
□フレーバーをぎゅうぎゅうに詰めすぎてボウルの空気穴を塞いでいませんか?シーシャフレーバーはフワッと盛るのが基本です!
□シーシャボトルの水位は適切ですか?シーシャを吸ってみてボトル内の水がホースに侵入してくると入れすぎです。基本はダウンステムに水が2-3cm浸かっていれば大丈夫です!
□ホース接続部のゴムパッキンが空気穴を塞いでいませんか?




【シーシャを吸っていて感触が軽くて、煙の濃度が薄いと感じたらここをチェック!】

吸い心地がいつもより軽い場合はシーシャが密閉されていない事があります。その為フレーバーを十分に燻すことができないので煙が薄くなってしまいます。

□ボウルとパイプ接続部がしっかり接続されていますか?
□パイプ本体とボトル接続部がしっかり接続されていますか?
□ホースとパイプ接続部がしっかり接続されていますか?
□ボウルに貼ったアルミホイルの穴は空けすぎていませんか?または空けた穴が大きすぎていませんか?適切に穴が空いていないとフレーバーが正常に燻されません!
□シーシャボトルの水位は適切ですか?シーシャを吸ってボトル内の水がポコポコと音がしなければ水の水位が足りません。その場合シーシャフレーバーが上手く燃焼できません!




【シーシャが焦げてる!吸った時に喉がイガイガして痛い!そんな時はここをチェック!】

辛い!喉がイガイガする煙が出る!味が焦げている!この様な問題がある場合は炭かフレーバーの盛り方に問題があります!直ぐにチェックしてください。

◆チャコール(炭)編◆

炭を置く量は適切ですか?通常の場合フレーバー量(10-15g)に対して適切な炭の量は2個か3個です。必要以上に炭を置くと煙が辛くなり、直ぐに焦げた味になってしまいます。

□シーシャ用の炭を使用していますか?市販されているBBQ用の炭などシーシャ使用目的以外の炭でシーシャを吸うと美味くシーシャを吸う事ができません。
□焦げた味がしてきたら炭の位置を移動させて下さい。同じ位置に炭を置き続けると真下のフレーバーの燃焼が激しい為、焦げたと感じたら炭を横に移動して満遍なくフレーバーを燃焼させて下さい。
□炭の位置は適切ですか?キレイにアルミホイルが貼れていないとポコポコ吸った振動で炭が真ん中に寄ってしまう事があります。真ん中に炭が寄ってしまうとすぐに焦げた味がするのでご注意下さい。炭はボウルの端に置いておくようにしましょう!
□炭は真っ赤に燃えてからご使用ください!シーシャが早く吸いたくて、まだ黒い部分が残っているのにシーシャを吸い始めてしまうと炭の匂いや焦げたような味がして美味しくシーシャが吸えません。真っ赤に燃えるまで待ってからシーシャを吸いましょう!


◆フレーバー編◆

フレーバーの盛り方がシーシャの味を左右する!

□盛りすぎ注意!フレーバーとアルミホイルが密着していたら盛りすぎです!フレーバーとアルミホイルが密着してしまうと燃えている炭とフレーバーが直接触れてしまうので、燻すという本来の役割を失ってしまいます。フレーバーを盛る目安はアルミホイルに触れない程度の適量を盛ってください。
□ぎゅうぎゅうと上から押し付けてフレーバーを盛ると直ぐに焦げます!フレーバー上部しか燃焼されず、下部のフレーバーまで火が行きわたらず、ボウル内で不燃焼してしまいます。この時のシーシャは辛い!不味い!焦げてる!の三拍子揃った美味しくないシーシャになってしまいます。
□盛るフレーバーのシロップが多すぎると、ボウル内でシロップが煮立ってしまいます。そうすると、水分が多いことからタバコの葉がうまく燃焼できず中途半端な温度で燃やされた煙は喉に引っかかる不味い煙になります。シロップの量はお好みで調整して下さい!




補足

また火力と使用しているシーシャボウルとは深く関係しています。例えばシーシャボウルの素材をガラスで作られている物に変えた際、いつもと同じ量の炭を使ってしまうとガラス素材は熱くなり過ぎて温度を保てないという特徴がある為、すぐにフレーバーが焦げてしいます。しかし、ガラス素材はフレーバーの味の微細なところまで引き立ててくれるという点がある為、熱し過ぎないようにカラードロータスなどの火力調整ができるアイテムを有効に使うことで長時間美味しい香りを楽しむことが出来ます。このようにボウルの素材と火力は深い関係にあるのです。



まとめ

フレーバーを盛る際は炭の火力がフレーバー全体を燃焼できるよう意識してください。その為には予めフレーバーはハサミで切る、茎がある場合は取り除く、フワッと盛る!そして最後にシーシャを吸うときは好みのセッティングを見つけて下さい。シーシャボトルの水位はどれぐらい?フレーバーを盛る量はボウルのサイズに合わせて好みの量!炭は2個か3個までです。以上の事を意識してシーシャを作れば美味しいシーシャを吸えます!